大阪の放課後等デイサービスCLAN(クラン)|クランでの一日の過ごし方・内容をご紹介。

一日の流れ

スケジュール|大阪の放課後等デイサービス クラン

CLANの放課後等デイサービスを利用すると、どんな一日になるのでしょうか。標準的な一日の流れを通じてCLANで過ごす毎日をイメージしていただければと思います。

平日の場合

平日は利用者の皆さんが学校に行かれているので、そこからCLANの各施設へ「登校」することから始まります。

CLAN(クラン)各施設へ「登校」
利用者ご本人の保護者やご家族と一緒に、CLANの各施設にお越しいただきます。また、ご希望により利用者の皆さんが通われているそれぞれの学校まで送迎車でお迎えに行くことも可能です。
利用者ごとの療育プログラム
施設に着いてからの前半は、個別の活動で時間を過ごします。利用者の皆さんは年齢や障がいの内容も人それぞれ異なるため、それぞれの人に合った活動内容をご本人、ご家族と一緒に考えて丁寧に取り組みます。
具体的な活動内容にはおもちゃを使った遊びやお絵描き、工作、植物の栽培や動物とのふれあいなどがあります。豊富な活動ラインナップを取り揃えていますが、ご利用の際に希望がおありの場合は気軽にご相談ください。
休憩時間
施設での後半時間はグループでの活動に切り替わるため、その準備として皆で楽しく休憩時間を過ごします。おやつの時間ということで利用者のお子さんにとってもお楽しみの時間です。そんな楽しい時間を通じて、他の利用者さんと接することに慣れていくことも目指します。
グループ活動
後半の時間は、グループ活動がメインです。皆で遊んだり外に出かけたり、他の利用者さんと一緒に何かを作ったりと、グループで何かに取り組むことにこだわった活動内容となります。
お子さんの中にはグループでの活動を好まないこともありますが、時間をかけて少しずつ丁寧にグループで過ごしたくなるように接していきます。
お子さんの中にはこのグループ活動を通じて大きく成長を見せてくれることもありますので、CLANとしてもこの時間を大切にしています。
放課後等デイサービスには地域との交流という役割もあるため、グループ活動では施設内だけでなく外部の方々との接点を持つことにも力を入れています。
掃除や片づけ
帰る前には、グループで協力して片づけや掃除をします。皆で作ったルールに従って同じ作業をすることは社会性の訓練に有益であるため、最後まで「皆でちゃんとやる」ことを目指します。

休日の場合

週末や夏休みなどの長期休暇では学校がないため、朝から「登校」をしていただき、一日を通じての活動となります。
基本的には平日の活動内容と同じですが、時間に余裕があるため利用者の皆さんそれぞれが好きなことに打ち込める時間をたっぷりと取ります。また、平日にはないホームルームのような時間を設け、自己紹介や自己PRをするなどの経験を通じて自分を理解し、他人との距離の取り方なども訓練します。